飲食転職のサイトである、土日休みは本当なのか?

転職に年齢制限は?

飲食業での転職に年齢制限は?

飲食業への転職と言うと、若くないとできないと思いがちですが、30代、40代といった年齢の人でも転職することは少なくありません。特に飲食業界では、仕事を変わると言うことが多いため、独立するにしてもある程度の歳になり、資金が溜まってから、という人も少なくありません。そのため、多くの人が新しい刺激を求めて飲食の世界に飛び込んでくる、ということも多々あります。

実際にどれだけ年齢を重ねたとしても飲食業はスタートすることが出来ます。転職の場合についても同様で同じ飲食業であれば、勝手がわかるので飲食以外の分野での転職に比べると比較的簡単なように思われます。ただ、飲食の場合は非常に社会状況などが影響してきますので、そういった面ではしっかりと世の動向を見極める目は必要となります。

テレビなどを見ても高齢の方が店を営む姿を見かけます。老夫婦が二人で店を切り盛りしていたりする光景も目にします。そういった状況に憧れて、その世界に入る、ということも動機づけとしてはとても良いものです。

ただ、一般的には高齢になってから、飲食業に変わるのはリスクを伴います。それまでまったく経験がなければ、一からすべて覚えなければなりませんので、それなりに時間がかかります。また歳と共に記憶力や身体的能力も衰えていくので、若い時であれば時間をかけずに覚えることが出来たものでも、歳をとると仕事を覚えるだけでも時間のロスが生じてしまいます。

若いころから修行しなければならない、というイメージが先行することも多いですが、実はそれなりに理に適っているのです。終わりの年齢制限はないにしても、転職や独立となると、ある程度自分の歳と相談をしなければなりません。必ずしもそうであるとは限りませんが、実際に歳を取りすぎると様々なしがらみが生じるため、なかなか動けない、ということも少なくないのです。

ただ、飲食業界は基本的に人材に枯渇しているので、業態さえ選ばなければ再就職することは可能だと言えます。人材が不足しているのは常態化しているので、どうしても仕事を変わりたいと思うのであれば、飲食業界は非常に広く門を開けています。そのため、年齢を気にすることがなければ修飾することは難しくありません。

このような業種においては、若いうちから苦労を重ねることで一人前となっていくことは間違いありません。ただ年齢を言い訳にして自分の可能性を狭めないことが大事です。

Copyright© 2015 飲食転職のサイトである、土日休みは本当なのか? All Rights Reserved.