飲食転職のサイトである、土日休みは本当なのか?

評判に流されず

飲食への転職は評判に流されず

食業への転職というと、厳しい世界であるという先入観を持つことは回避しにくいでしょう。有名人が経営するようなレストランなどでも、廃業に追い込まれるということがテレビで流されると、やはり飲食業界への転職ははばかられてしまうかもしれません。

特に、飲食業界は厳しい、きついというイメージが付きまといます。有名な店などでは裏方に回るとそれなりの厳しさがあることは言うまでもありません。評判がいいから仕事も楽しい、というわけではなく評判がある、ということはそれを勝ち取るために裏では大きな努力をしている、ということがわかります。転職を考えていることを周りは必ず止めると思われます。それほどに大変な職場であることは言うまでもありません。

もちろん、グループ企業であれば本社勤務もあるので、現場ではなく本社で商品開発などに携わることもできます。しかしながら、そういった本社での職務というのは、基本的に現場でしっかりと働いた人間が登用されることが多いので、望みが大きいとは言いにくいです。

また飲食業は周囲の評判などにも大きく影響されます。もちろん、それがすべて正しいというわけではありませんが、大きな影響を及ぼしているのは事実です。たった一回のミスでも風評被害につながっていく、というケースも珍しくありません。他の業種でもそうですが、特に飲食業の場合に関してはこういったミスは致命的になるとも言えます。根も葉もない事実が流れていることもありますので、そういった場合も含めてやはり評判だけですべてを判断してはいけません。

すなわち、本当に転職ということを考えているのであれば実際に自分の目で確かめるほかに方法がありません。自分の目で見れば、その店や企業に対する評判がどの程度真実であるかを判断できるようになるので、その判断をしてからでも遅くはありません。逆に言えば、そうやって自分の足で赴いてからでなければ、再就職を決めてはいけないとも言えます。たとえどれだけ良い評価を与えられていても、環境が劣悪であれば長続きはしませんし、また周囲の話とは違って労働環境が整っている、ということはざらにあるのです。

飲食は特にそういったイメージ先行型が多いです。実際の姿を見るためにも、まずは自分で判断するためにも現地を必ず訪れる必要があります。遠回りのように感じますが手間暇をかけることが転職を成功させる近道といっても過言ではないのです。

Copyright© 2015 飲食転職のサイトである、土日休みは本当なのか? All Rights Reserved.